2017年10月の読了本リスト

9月のリスト作成時に月ジャンルがばらばらだと言いましたが、10月の方がもっとばらばらな気がしてきました。

怖い絵 』 中野京子
応仁の乱 – 戦国時代を生んだ大乱』 呉座勇一
ときどき旅に出るカフェ』 近藤史恵
この世の春 下』 宮部みゆき
この世の春 上』 宮部みゆき
ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉』 バートン・マルキール
小説 仮面ライダー鎧武 』 鋼屋ジン, 砂阿久雁
新しいメディアの教科書 』 佐々木俊尚
警視庁 生きものがかり』 福原秀一郎
うつからの脱出』 下園壮太
子どもが生まれても夫を憎まずにすむ方法』 ジャンシー・ダン

『怖い絵』は展覧会やってるとのことで、ひとまず読んでみました。

『子どもが生まれても夫を憎まずにすむ方法』は、著者の実体験ドキュメンタリーなので、実際こういう立場にある方には大変響く本だと思われます。私はこの立場ではなかったのでちょっと当事者感覚が足りない。いや、別に当事者になりたいわけではないんですが。予防的に読むにはちょっと生々しいかもしれません。

『応仁の乱』はちょっととっつきにくいかと思ってたんですが、とても読みやすかったですね。人名の読み仮名が覚えられなくて気になりながら読んでいましたが…。

仮面ライダー鎧武は虚淵玄さんが脚本やってるのでamazonプライムビデオで見てます。(余談ですがなぜかamazonは特撮とかテレビ朝日系列のアニメの過去作が充実しています)。ノベライズは同社の別の方ですけど良かったです(同じパターンでのゲームノベライズで一度外した経験あり)。

ウォール街のランダムウォーカーは、原著初版は1973年(最新の情報を取り込んだ改訂がなされており、原著最新版の第11版は2015年出版)の資産形成の教科書だそうですよ。とりあえず14章~15章だけでも読むと金融教育として良さそう。分散投資・インデックスファンドを勧めているきわめてまっとうな本です。

 

2017年9月の読了本リスト

積ん読消化に努めた結果、いつもにも増してジャンルがバラバラです。

『仕掛学』 松村真宏
『この世の春(下)』 宮部みゆき
『この世の春(上)』 宮部みゆき
『パパは脳研究者』 池谷裕二
『世界の食べもの――食の文化地理』 石毛直道
『幸福の「資本」論』 橘玲
『かーそる 2017年7月号』  倉下忠憲(他)
『生きる職場 小さなエビ工場の人を縛らない働き方』  武藤北斗
『GE 巨人の復活』  中田敦

ひとことコメント

『パパは脳研究者』は0~4歳の子どもと身近に接しているひとには、ほっこりしてためになり不安にならない良著ですね。個別記事も書く予定です。

『GE 巨人の復活』と『生きる職場  小さなエビ工場の人を縛らない働き方』は、グローバル大企業と国内小企業、それぞれの今後の会社の行き先を考えるためになる実例として合わせ読みするといろいろ妄想が捗ります。

『この世の春』は、同著者の『荒神』を後味良くしたような感じです。宮部みゆきの時代物ならではの生活描写がやっぱり好きです。

『仕掛学』は『消極性デザイン宣言』でちょっと触れられてたので読みました。

 

 

2017年8月の読了本リスト

小説多めでした。

『都会の里海 東京湾 – 人・文化・生き物』) 木村尚
『横浜駅SF 全国版』 柞刈湯葉
『横浜駅SF』 柞刈湯葉
『GOSICK GREEN』 桜庭一樹
『GOSICK PINK』 桜庭一樹
『GOSICK BLUE』 桜庭一樹
『GOSICK RED』 桜庭一樹
『教養としての社会保障』  香取照幸
『浪費図鑑―悪友たちのないしょ話―』 劇団雌猫
『シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」』 ネイト・シルバー
『L70を狙え! 70歳以上の女性が消費の主役になる』 吉本佳生
『大人もおどろく「夏休み子ども科学電話相談」』 NHKラジオセンター「夏休み子ども科学電話相談」制作班
『これからのエリック・ホッファーのために: 在野研究者の生と心得』荒木優太
『楽しく学べる「知財」入門』  稲穂健市

GOSICKは良くも悪くも相変わらず。桜庭一樹は家族の話が多いという印象です。
横浜駅SFは身近な鉄道関連の言葉が全く違う意味になっている設定っぷりが楽しかったですね。

知財入門と教養としての社会保障はそのうち記事作ります。
浪費図鑑は、業の深さとお財布事情が下世話で楽しいですよ。

 

2017年7月の読了本リスト

比較的ジャンルがばらけた1ヶ月でした。
そして7月上旬のKindleセールで買った本は見事にまだ積ん読です。そんなものですよね、きっと。

かくて行動経済学は生まれり』 マイケル・ルイス

消極性デザイン宣言-消極的な人よ、声を上げよ。……いや、上げなくてよい。』 栗原一貴,西田健志,濱崎雅弘, 簗瀬洋平, 渡邊恵太

Piece shake Love』 Tak.

住宅ローンのしあわせな借り方、返し方』 中嶋よしふみ

これだけ!船舶 (これだけ!シリーズ)』 川崎豊彦

タスク管理の用語集: BizArts 2nd』 倉下忠憲

My Humanity』  長谷敏司

 

『住宅ローンのしあわせな借り方、返し方』は住宅家計の基礎知識としてよかったです。(でも書評記事書かない…ような気がするので)

 

2017年6月の読了本リスト

この記事を作っていて気づきましたが、結構ベストセラー本が多い1ヶ月ですね。
まだ個別に記事を書いてない本もありますが、おいおい書いていこうかと思っているものもあります。(全部は書きませんが…)

『誰がアパレルを殺すのか』 杉原淳一,染原睦美

『ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術 3分間コーチ』 伊藤守

『最強の地域医療』  村上智彦

『あなたのセキュリティ対応間違っています』 辻伸弘

『沿線格差 首都圏鉄道路線の知られざる通信簿』 首都圏鉄道路線研究会

『ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たち』 J.D.ヴァンス

『バッタを倒しにアフリカへ』 前野ウルド浩太郎

『プライバシーなんていらない!?』 ダニエル・J.ソロブ

『非属の才能』 山田玲司

2017年5月の読了本リスト

今月は『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』祭りですね。amazonで取り扱い開始されたのでついぽちりました。Fate/zeroお好きならお勧めです。

『ナンバーセンス ビッグデータの嘘を見抜く「統計リテラシー」の身につけ方』 カイザー・ファング

『ロード・エルメロイII世の事件簿5 case.魔眼蒐集列車(下)』 三田誠

『ロード・エルメロイII世の事件簿4 case.魔眼蒐集列車(上)』 三田誠

『ロード・エルメロイII世の事件簿3 case.双貌塔イゼルマ(下)』 三田誠

『ロード・エルメロイII世の事件簿2 case.双貌塔イゼルマ(上)』 三田誠

『ロード・エルメロイII世の事件簿1 case.剥離城アドラ』 三田誠

『あなたの話はなぜ「通じない」のか』 山田ズーニー

『現代知識チートマニュアル』 山北篤