【2018/12/11まで】Kindleセールのおすすめ本、今回買った本

冬の Kindle 本セール(2018/12/11まで)
幻冬舎新書フェア【全品399円セール】(2018/12/13まで)

上記セール本一覧にざっくり目を通した結果を残しておきます。「私が読んだことのあるおすすめ本」7冊と「今回私が買った本」1冊、どれも最低50%オフなので結構お得。

【読んだことのあるおすすめ本】

インターネットや流通網が発達しても、どこに住むかで生活がかなり変わってくる。イノベーションの起こっている「場所」(=都市)にいることの重要性をきちんと説明している本です。当たり前といえば当たり前なんですが、根拠のある主張や議論をするための前提として、押さえておきたいところです。300ページ超えてる本なので Kindle 推奨。

 

データから予測を立てるとはどういうことか、という基本がわかる本です。出版は2013年と少し前ですが、データ予測がより身近になっている今だからこそ押さえておきたい本だと思います。ハードカバーでかなり重いので、 Kindle 推奨。

 

原題「Salt,Sugar,Fat」。現代の食品に塩と砂糖と脂肪がどのように使われているか、その結果現代の食品がひどく食欲を誘発するということ、これらが克明に描かれています。
アメリカ食品市場が舞台ですが、日本もそれほど変わりません。食生活が気になったり、ジャンクな食べ物が好きなかたは、本書を読むとかなりの恐怖体験ができます。(私はしました…)

 

これも「おもしろいけど実例満載で重い」のでkindle推奨です。コンテナがいかに物流にとって大事なのか、そして港湾整備がどれだけ生活にとって重要なのかがわかります。表紙が地味で標題も地味ですがとても面白かった。10年以上前の本ですが、ハードインフラの話なのでそんなに古びていないかと。

 

ここまでの4冊はいずれも「おもしろいけどページ数が多くて重い本」。重い本はやっぱりKindle推奨ですね。

 

北海道電力のブラックアウトがあったので、 一度仕組みをきちんと知りたく買いました(10月後半に読了)。500円程度(セール価格)で専門家が概要を分かりやすく説明してくれる、コストパフォーマンスの高い本です。

 

 

読み応えがあるきちんとした内容ですが、途中で諦めたくならないくらいやさしい説明と文章です。専門家でない読者に配慮しているまさに新書の鑑ですね。
2013年のノーベル賞物理学賞でヒッグス粒子が話題になり、この2冊を買いましたがすごく良かったです。 幻冬舎新書は、原則著者買いするレーベルだと認識しています。

 

 

【今回買った本】

著者買いしました。著者は昆虫学者で、「夏休み子ども科学電話相談」の虫分野担当をしていたり、2018年夏に開催された「昆虫展」(国立科学博物館)の監修もしています。カラー版新書400円って安いですよね。

 

 

 

【2017/7/11まで】Kindleセールのお勧めと買った本

7/11までのkindle50%オフセールが始まりました。
「ビジネス・経済」「ノンフィクション」「科学・テクノロジー」「暮らし・健康・子育て」のジャンルで好みの本がセールになっていないか渉猟したので、結果を残しておこうと思います。
読んだことがある本と、買った本の2つに分けてご紹介。全部50%オフの価格です。

【読んだことがあっておすすめの本】

5年も前の本になってしまいましたが、個人用にカスタマイズされたモノの作成というのは、まだまだ先があると思います。この手の「おもしろいけど実例満載で重い本」はkindle推奨です。

原題「Salt,Sugar,Fat」。塩と砂糖と脂肪がどのように現代の食品に使われているかを描いています。これも「おもしろいけど実例満載で重い」です。

これも「おもしろいけど実例満載で重い」です。コンテナがいかに物流にとって大事なのか、そして港湾整備がどれだけ生活にとって重要なのかがわかる、表紙が地味で標題も地味ですがとりあえず買っておいて気が向いたら読み進めると楽しい本でした。

ビジネス書なので読みやすく、それなりに具体的なノウハウが詰まってます。本書が出た頃よりも著者の小室さんっていろいろなところで名前を見掛けるようになった気がします。

【今回買った本】

米原万里さんのエッセイはおもしろいので、その読書本もおもしろそうだと期待しています。

著者が大本営情報参謀を回顧しつつ、日本型組織の欠陥を指摘するようです。普段読まないような本ですが、どうもこの系統では王道の本のような薫りを感じるので、買い。

前から読みたかったけど、ハードカバーがかなり重い本だったのでこの機会に。

数学の本。こういう本を楽しめるようになりたいなーと思って。